メニュー

内痔核に対する日帰りジオン注射療法

当クリニックでは薬物による保存療法が効果に乏しく、内痔核の脱出や出血が続く場合には「内痔核硬化療法剤(ジオン)による治療」を行っております。従来の痔切除術に比べて術後疼痛がほとんどなく、その日に帰宅できることから画期的な治療法といえます。

 四段階注射法

<適応>

脱出を伴う内痔核(外痔核だけの場合は適応になりません)

 

<適応外>

どの痔核にも可能な治療法ではありません。以下のような病態ではジオン注射はできません

急性期(発症間もない状態で腫れがひどい)

肛門ポリープやきれ痔、痔瘻などの合併病変をともなっているもの

妊婦または授乳中の方

透析療法を受けていらっしゃる方

 

 ジオン注射治療にかかる費用は保険適応になっており、3割負担の方でおよそ1万5千円から2万円です。

 

※ジオンを痔核に注射する「四段階注射法」は、講習を受けた医師でないと治療ができません。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME