メニュー

上部消化管内視鏡検査

 

経鼻内視鏡

経鼻内視鏡

逆流性食道炎(胸焼け)、胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃ポリープ、ピロリ菌感染症など、食道・胃・十二指腸の病気に対して内視鏡検査を行います。
最新の経口・経鼻対応細径内視鏡(オリンパスGIF-XP290N)を導入し、苦痛の少ない検査を心がけます。
胃・十二指腸潰瘍や胃がんのほとんどがピロリ菌感染によるものです。内視鏡検査施行後にピロリ菌感染が判明した場合にはピロリ菌除菌が保険適応になっております。
内視鏡を用いた胃瘻造設もご相談に乗ります。

希望される患者さんには苦痛をさらに和らげるために鎮痛・鎮静剤を用います。
※鎮痛・鎮静剤の使用には検査後の安静や当日の運転などができないことなど一定の条件あります。

検査の流れはこちらからご確認ください

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME