メニュー

咳がとまらない

咳がとまらない際に考えられる疾患

sick_seki_ojiisanウイルス性急性上気道炎、急性気管支炎・肺炎、百日咳、気管支喘息、咳喘息、胃食道逆流症、感染後咳嗽、喫煙

(稀に以下の疾患のこともございます)

肺炎、肺癌、気胸、肺血栓塞栓症、心不全

当クリニックの診療方針

咳をしている期間や1日の中での頻度をうかがいます。

急性の咳の場合

継続期間が3週間未満

最も頻度が高い原因はウイルス性上気道炎(風邪)であり、ほとんどは自然に治ります。
自然に治らない咳に対しては胸部レントゲン、胸部CTなどを施行して精査いたします。

亜急性、慢性の咳

3週間以上続く咳

胸部レントゲンを撮影し、詳しい問診から胃食道逆流症、咳喘息、アトピー喘息、感染後咳嗽、薬剤性の咳、喫煙などを同定していきます。
重大な病気(肺癌、肺炎、肺血栓塞栓症、心不全など)が疑われた場合は専門病院へ紹介いたします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME